コインパーキングはお得か損か

  • コインパーキングによる土地活用

    • 土地を所有している場合、その土地の価値に応じた税金を毎年固定資産税として国に納める義務が生じます。


      そのため一等地に土地を持っている場合、その土地を活用しないということは徐々に資産を目減りさせてしまうことに他なりません。


      しかし如何に一等地にあるとは言っても何らかの事業を行ったり投資をして生産性のある土地にするにはある程度の資産が必要になります。


      そして何らかの事業を行うのであればそれ相応の詳細も必要になるでしょう。


      その様な知識や経験、才覚を持ち合わせていないのであればコインパーキングなどの需要がある程度期待できるビジネスのために活用するのが望ましいと言えるでしょう。コインパーキングは都心一等地や駅前の一等地等とにかく便利な場所で高い需要があります。



      便利な場所は一般に地価が高いために税金も高く、何らかの事業を行わなくては維持が難しいのです。


      そんな事業の選択肢としてコインパーキングが人気なのは、その設備投資にかかる費用が少なく抑えられるという点に関連があります。


      コインパーキングの場合には建物は必要ではなく、生産のためのシステムと駐車場に設置する金属製の車止めくらいのものです。



      そのため少ない投資額で大きな成果を得ることが出来るのがコインパーキングであると言えるのです。
      またこの様な事業は自分で設計しなくても土地を探している業者が少なくありません。



      その様な業者に貸し出して家賃収入を得るのも一つの手段です。

      車で外出する際について回ることのひとつに、どこに車を停めるかが挙げられます。目的地に駐車場がある場合は、特に意識することはありませんが、ない場合は、街中にあるコインパーキングを利用するのが一般的といえます。



      この、コインパーキングですが、どれも同じだと思っていませんか。実は、料金体系が各パーキングによって異なっており、同じ時間利用しても料金が変わることがあります。
      ここでは、料金体系の例について説明していきます。


      コインパーキングの料金体系としては、従量課金と規定の時間内なら上限を設定して定額で課金の2つの種類のうち、安い方を料金として適用するのが一般的といえます。



      上限金額は、立地や地域によって変わりますが、各パーキングとも同じような設定をしていることが多いです。しかし、従量課金の方法に各パーキングの特色が出ます。

      まず、1時間利用した場合、30分300円のパーキングでも20分200円のパーキングでも料金は同じで600円になります。



      ところが、少しだけの用事で20分利用した場合はどうなるでしょうか。

      30分300円なら300円で、20分200円なら200円になり、金額差が発生します。つまり、従量課金の単位の分数が小さいほど、料金面で得をする可能性が高いといえます。



      また、立地についても料金が変わる要素があります。


      繁華街の中のパーキングの場合、大きな通りを隔てて向かい合わせのパーキングでは上限金額が異なることがあります。駐車の際に、大きな通りを通過するのに手間がかかるのもありますが、駐車後、大きな通りを歩いて横断して目的地に向かうだけで、手前に停めるより駐車料金がお得になることもあります。



      コインパーキングを利用する際には、目的地や利用時間を考えて使い分けたいものです。

      そのためには、普段何気なく通過しているパーキングの料金をこまめにチェックして、料金体系を事前に確認しておくのがよいでしょう。

  • 関連リンク

    • コインパーキングは手軽に利用することができる駐車場として大変人気のあるシステムと言えます。しかしながら、トラブルも多数発生しており、注意が必要といえます。...

    • コインパーキングを利用する際には、料金設定や料金システムをよく理解してから利用することが大切です。コインパーキングによって、料金設定及び料金システムが違うからです。...