コインパーキングはお得か損か

  • コインパーキングとアパート経営の費用の差

    • 空き土地の有効活用として注目されているのがアパート経営とコインパーキングなどの駐車場業です。

      どちらも立地が良ければ長期的なリターンを得られる投資方法として人気があります。
      ただし、初期費用や保守費用については全く違う考え方が必要です。

      アパート経営では土地を持っている場合には自身で建てる必要があります。


      部屋数にもよりますが、3000万円から5000万円程度かかることが多いようです。


      この金額を自身で用意するか、30年程度でローンを組むかでリスクが変わってきますが、一般的には税制優遇も考慮して検討されることが多いようです。
      対してコインパーキングの初期費用は料金計算機や車止め、簡単な舗装などだけです。

      台数によっては人員を配置することもありますが、多くの場合、無人が基本です。

      また、監視カメラを設置することも多くなっています。


      これらの経費は規模が大きくても1000万円を超えることはまれであり、初期費用がかなり抑えられます。


      また、数年単位での保守についてもアパート経営の場合は建物が10年も超えてくると修繕費がかかるようになり、保守費用が頭を悩ませる方も多いようです。コインパーキングは保守費用も安く済みますが、回転率が悪ければ機械の保守費用が重荷になることが多いようです。

      費用面ではアパート経営の方がリスクが高いのですが、得られる利益については空き部屋が少なければ十分見合った金額を得られます。


      両者ともリスクや投資のスタイルで選べる良い方法と言われていますコインパーキングはリスクの少ない投資方法として人気がありますが、古くから人気のある土地活用型の投資ではアパートやマンション経営があります。

      どちらも利益を見込める投資方法として人気があります。土地がある程度必要なアパート経営に対してコインパーキングは数台分の駐車スペースから始めることができるのがメリットです。
      しかし、アパート経営は一度建ててしまえば保守費用はかかるとはいえ、投資に見合った十分なリターンがあると言われています。


      対してコインパーキングの場合は台数が少なければ稼働率が高くても利益はそれほど高くないことが多いです。
      ただし、台数が取れる場合には稼働率が上がればアパート経営よりもリターンの多いことがあるようです。そして最大の違いは初期費用です。
      アパートやマンションの場合は数千万円の建築費用がかかります。

      通常20年から30年で銀行などから借り受けることになりますが、空き部屋があれば経営が成り立たなくなることもあります。コインパーキングの場合は料金計算機や車止めなどが必要ですが、数千万かかることはなく、かかっても数百万レベルなので投資としてはローリスクと言えます。

      多角的な視点から相模原市のバイク買取情報を利用しましょう。

      GT-Rの中古車に今、注目が集まっています。



      しっかりとした川崎市のバイク買取情報をまとめてチェックしよう。

      幅広い分野の多摩でカーコーティングをご紹介します。

      http://girlschannel.net/topics/580210/

      http://getnews.jp/archives/1540064

      http://top.tsite.jp/news/car/o/30591279/

  • 関連リンク

    • コインパーキングは手軽に利用することができる駐車場として大変人気のあるシステムと言えます。しかしながら、トラブルも多数発生しており、注意が必要といえます。...

    • コインパーキングを利用する際には、料金設定や料金システムをよく理解してから利用することが大切です。コインパーキングによって、料金設定及び料金システムが違うからです。...